名古屋ペット葬儀社

ペット葬儀とは?訪問預り、立会個別火葬まで分かる

お問い合わせはこちら 公式サイト

ペット葬儀とは?訪問預り、立会個別火葬まで分かる

ペット葬儀とは?訪問預り、立会個別火葬まで分かる

2024/02/24

ペットは家族の一員として大切にされていますが、その命が尽きてしまった時はどうしますか?ペット葬儀というサービスがあり、訪問預りから立会個別火葬まで様々な形態があります。この記事では、ペット葬儀の概要や流れについて紹介します。

目次

    ペット葬儀とは何か?

    ペット葬儀とは、ペットの最期のお別れを行う儀式のことです。ペットも家族として愛され、生涯を共に過ごした存在として大切な存在です。しかし、ペットも人間と同じように逝ってしまうことがあります。その際には、ペット葬儀をすることでペットへの感謝や敬意を表し、最期を大切な存在として送り出すことができます。ペット葬儀には、納棺やお経を読んだりするなど、一般的な葬儀と同じような儀式が行われます。また、葬儀会場に花やお供え物を用意することもできます。ペット葬儀を行っている業者もあり、葬儀の手配や火葬、遺骨の処理まで一貫して行ってくれます。ペット葬儀は、ペットへの愛情や哀悼の気持ちを表すための儀式であり、ペットを家族の一員として大切にしたいという思いがある飼い主にとっては重要なものです。

    ペット葬儀の種類は?

    ペットは家族の一員として生活を共にする存在です。そのため、ペットが亡くなった際には、尊厳をもって送り出すことが大切です。そこで、ペット葬儀が必要になります。ペット葬儀には、様々な種類があります。例えば、個別葬、集合葬、火葬、埋葬などです。個別葬は一匹ずつ葬る方法で、ペットの遺骨が残るため、お墓に納めることができます。一方、集合葬は複数のペットを一緒に葬る方法で、個別葬よりも費用が安くなります。火葬は、遺体を焼却する方法で、骨壺に納めることができます。埋葬は、遺体を地中に埋める方法で、お墓を建てることもできます。また、ペットの種類や大きさによって、適切な葬儀方法が異なる場合があります。ペット葬儀業者に相談して、最適な方法を選ぶことが大切です。

    ペット葬儀での訪問預りとは?

    ペット葬儀での訪問預りとは、自宅や病院で亡くなったペットを、業者が引き取って葬儀場に移送するサービスです。病院での最期の時間や、家族がペットと過ごした最後の時間を大切にしたい方向けのサービスです。手続きは簡単で、業者に連絡をすると、担当者が自宅や病院に訪問し、遺体を引き取るための手続きや、代金の受け渡しの手続きを行います。引き取った遺体は、葬儀場に搬送され、火葬されます。また、ペット葬儀には、家族の意思を尊重した形で葬儀の形式やスタイルを選ぶことができるのが特徴です。ペットの残された家族にとって、故意的な送り出しを行うことは、心の癒しとなるでしょう。ペットは家族の一員であり、ペット葬儀は、家族の想い出を大切にするためのサービスです。

    ペット葬儀での立会個別火葬とは?

    ペット葬儀には、さまざまな形式がありますが、中でも最も個別性が高く、永遠に思い出に留めたいペットを送り出す方法が立会個別火葬です。立会個別火葬は、ペット飼い主が火葬場に立ち会い、独自の式場でペットの棺桶を見送ることができるものです。一般的に火葬場では、複数のペットが同時に火葬されますが、立会個別火葬は、ペット飼い主が火葬場でペットの棺桶に火を点けることができます。この火を目に焼き付けながら、飼い主がペットを見送ることで、より深い感謝の気持ちを持つことができます。立会個別火葬は、ペット葬儀において、飼い主とペットの絆をより深めるための、特別な形式として注目されています。

    ペット葬儀の費用はどのくらいかかるのか?

    ペット葬儀の費用は、ペットの種類や葬儀方法、葬儀総額によって異なります。一般的に、火葬となる場合は1匹あたり3万円前後が相場となります。また、納棺や骨壺、お清めなどを行う場合はそれにかかる費用も加算されます。埋葬の場合は、墓地の使用料などによって費用が決まりますが、一般的に3万円から5万円程度が相場となります。ただし、ペット葬儀業者によって費用が異なるため、比較検討することが大切です。また、葬儀式を行う場合はフィットされた約20万円前後が相場となります。ペットとの別れは、飼い主にとって非常に辛いものですが、ペットの最期を健やかに送るためにも、慎重に検討することが大切です。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。